協会発行の機関誌(定期刊行:年4回)

 回復期リハビリテーション病棟協会では「機関誌」を年4回発行し、さまざまな情報を会員の皆さまに発信しています。

機関誌の発売について

 数量に限りがありますので、在庫切れになり次第発売を予告なく終了いたしますので予めご了承ください。
 <仕様> B5判 60ページ あじろ製本
 <価格> 会員(1冊)1,000円 非会員(1冊)2,000円 別途送料:実費申し受けます

購入申込みについて

 申込書のデータをダウンロードしてください。  購入申込書(PDFデータ)
 データをプリントアウトした後に、必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。

最新刊のご案内


2017年11月発行(第16巻第3号・通巻62号)
●主な掲載内容
【巻頭言】 リハを支える力でありたい
   髙山 仁子  当協会理事 栄養委員長
【特集1】 執行部座談会  
 回復期リハ病棟の目指すところ
     ――平成30年度診療報酬・介護報酬同時改定に向けて
  出席者
   園田 茂 当協会会長
   宮井一郎 同 副会長
   西村一志 同常任理事
   水間正澄 同常任理事
   三橋尚志 同常任理事
  司 会
   岡本隆嗣 同常任理事
【特集2】 回復期から生活期へ――主体性再構築の後押し
 Part1 総論 回復期から生活期へ――回復のカギは主体性
    長谷川 幹 三軒茶屋リハビリテーションクリニック 院長
    日本脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会 理事長
 Part2 主体性再構築の後押し――私の経験談

刊行リスト
 号数/発行年月日/【在庫の有無】/主要掲載内容(※Editor's choiceはPDFにて閲覧ができます)

2017年11月発行(第16巻第3号・通巻62号)
●主な掲載内容
【巻頭言】 リハを支える力でありたい Editor's choice
   髙山 仁子  当協会理事 栄養委員長
【特集1】 執行部座談会 Editor's choice
 回復期リハ病棟の目指すところ――平成30年度診療報酬・介護報酬同時改定に向けて
  出席者
   園田 茂 当協会会長
   宮井一郎 同 副会長
   西村一志 同常任理事
   水間正澄 同常任理事
   三橋尚志 同常任理事
  司 会
   岡本隆嗣 同常任理事
【特集2】 回復期から生活期へ――主体性再構築の後押し
 Part1 総論 回復期から生活期へ――回復のカギは主体性
    長谷川 幹 三軒茶屋リハビリテーションクリニック 院長
    日本脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会 理事長
 Part2 主体性再構築の後押し――私の経験談

2017年7月発行(第16巻第2号・通巻61号)
●主な掲載内容
【巻頭言】 患者さん・ご家族のための質の向上を皆さんとともに Editor's choice
      園田 茂  当協会会長
平成29年度定時社員総会開く――29・30年度新執行部が始動
  園田 茂会長、2期目の舵取りへ
回復期リハビリテーション病棟協会 役員/委員
総会記念講演(要約) 地域医療ビジョンと地域包括ケア
 鈴木康裕 厚生労働省保険局長(当時 現 医務技監)
報告事項1 平成28年度事業報告/報告事項2 平成29年度事業計画
報告事項3 平成29年度収支予算/平成28年度収支決算
【特集】 “余暇時間”へのかかわり――回リハ病棟での集団活動
イントロダクション 回リハ病棟“余暇時間”へのかかわり
回リハ病棟での集団活動
 遊びリほか 戸田中央リハビリテーション病院/集団起立運動 熊本リハビリテーション病院/料理クラブ 東海記念病院/介護保険を学ぶ さがみリハビリテーション病院/集団アクティビティ さくら会病院/顔なじみの小集団活動 熊本機能病院/個別介入の集団リハ 済生会みすみ病院/お茶時間に選択制レク 新戸塚病院/集団運動系レク 十勝リハビリテーションセンター/クックレク 志村大宮病院  ほか

2017年4月発行(第16巻第1号・通巻60号)
●主な掲載内容
【巻頭言】 自動車運転とリハビリテーション Editor's choice
 大井 清文  当協会理事 (いわてリハビリテーションセンター センター長、医師)
【特集】 レベルアップ! スピードアップ! フォローアップ!――第29回研究大会in広島
基調講演要旨
 ・スピードアップ・ザ・回リハ病棟  園田 茂 会長
 ・レベルアップ・ザ・回リハ病棟  宮井 一郎 副会長
 ・フォローアップ・ザ・回リハ病棟  石川 誠 前会長
 ・質疑・ディスカッション
ランチョンセミナー・特別講演要旨
 ・回復期に活かす!脳卒中リハビリテーション
  田島 文博 和歌山県立医科大学 リハビリテーション科 教授
  安保 雅博 東京慈恵会医科大学 リハビリテーション医学講座 主任教授
【連載】 回リハ病棟 在宅生活支援のトライアル
1 退院前住宅訪問に看護師が同行 個別支援通じ在宅でのQOLを確保 Editor's choice
   蒲池 佳子(熊本機能病院)
2 看護師・介護職の退院後訪問指導から入院中の支援を考える Editor's choice
   立丸 允啓/田川 勇蔵/薗田 香織/山田麻依子/山本美江子(小倉リハビリテーション病院)ほか

ページトップへ戻る


Books History.....(会報発行履歴)