協会発行の機関誌(定期刊行:年4回)

 回復期リハビリテーション病棟協会では「機関誌」を年4回発行し、さまざまな情報を会員の皆さまに発信しています。

機関誌の発売について

 数量に限りがありますので、在庫切れになり次第発売を予告なく終了いたしますので予めご了承ください。
 <仕様> B5判 60ページ あじろ製本
 <価格> 会員(1冊)1,000円 非会員(1冊)2,000円 別途送料:実費申し受けます

購入申込みについて

 申込書のデータをダウンロードしてください。  購入申込書(PDFデータ)
 データをプリントアウトした後に、必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。

最新刊のご案内


2018年7月号(第17巻第2号・通巻65号)
●主な掲載内容
【巻頭言】ミクロからマクロに広がる仕事 Editor's choice
 森田秋子 当協会理事、PTOTST委員会 委員
【特集】
「回復期リハビリテーション病棟のあり方 指針」
  ――「10か条」と併用し、さらなる質向上を Editor's choice
「回復期リハビリテーション病棟のあり方 指針」(第1版)
*付表「回復期リハビリテーション病棟の基本業務項目 オーバービュー」
園田 茂/岡本隆嗣/菅原英和/小口和代/伊東由美子/森戸崇行/桐谷裕美子/奥山夕子/後藤伸介 Editor's choice

平成30年度定時社員総会開く
 平成30年度事業計画・収支予算が示される
 平成29年度事業報告/平成30年度事業計画/平成30年度収支予算/平成29年度収支決算

連載 口のリハビリテーション事始 特別編 口のリハビリテーション Advanced
   当院の摂食嚥下リハビリテーションーー「えんげと声のセンター」の活動 髙橋博達
連載 回復期病院紹介
   社会医療法人恒心会 恒心会おぐら病院(鹿児島県鹿屋市)
連載 回リハ病棟 リハ・ケアのtips
   リハビリノート活用で患者さん自身のプラスの気づきをフィードバック!! 飛田 藍 他
総務委員会報告 都道府県別連絡会第6回合同会議
SW委員会報告 社会復帰・地域生活を支えるSWの地域活動ーーSW委員会活動を通して 下村康氏


刊行リスト
 号数/発行年月日/【在庫の有無】/主要掲載内容(※Editor's choiceはPDFにて閲覧ができます)

2018年7月号(第17巻第2号・通巻65号)
●主な掲載内容
【巻頭言】ミクロからマクロに広がる仕事
 森田秋子 当協会理事、PTOTST委員会 委員 Editor's choice
【特集】
「回復期リハビリテーション病棟のあり方 指針」 
 ――「10か条」と併用し、さらなる質向上を Editor's choice
「回復期リハビリテーション病棟のあり方 指針」(第1版) Editor's choice
 *付表「回復期リハビリテーション病棟の基本業務項目 オーバービュー」
 園田 茂/岡本隆嗣/菅原英和/小口和代/伊東由美子/森戸崇行/桐谷裕美子/奥山夕子/後藤伸介
○平成30年度定時社員総会開く
  平成30年度事業計画・収支予算が示される
  平成29年度事業報告/平成30年度事業計画/平成30年度収支予算/平成29年度収支決算
○連載 口のリハビリテーション事始 特別編 口のリハビリテーション Advanced
     当院の摂食嚥下リハビリテーションーー「えんげと声のセンター」の活動 髙橋博達
○連載 回復期病院紹介 社会医療法人恒心会 恒心会おぐら病院(鹿児島県鹿屋市)
○連載 回リハ病棟 リハ・ケアのtips
     リハビリノート活用で患者さん自身のプラスの気づきをフィードバック!! 飛田 藍 他
○総務委員会報告 都道府県別連絡会第6回合同会議
○SW委員会報告 社会復帰・地域生活を支えるSWの地域活動ーーSW委員会活動を通して 下村康氏

2018年5月発行(第17巻第1号・通巻64号)
●主な掲載内容
【巻頭言】その人らしい暮らしを支える Editor's choice
  藤井由記代 当協会理事 ソーシャルワーカー委員会 委員長
【特集1】 回復期リハ病棟の理想郷を考える――第31回研究大会in岩手
【特集2】 大きく変わる医療ニーズへの 体制整備を ――平成30年医療・介護同時改定
パネルディスカッション 地域包括ケア時代に向けて回復期機能を考える
平成30年度 診療報酬改定対応 回リハ病棟管理栄養士研修会

ページトップへ戻る


Books History.....(協会機関誌発行履歴)